利回りで選ぶマンション|投資の中でも一棟売りアパートはおすすめ|賃貸収入で安定の生活を

投資の中でも一棟売りアパートはおすすめ|賃貸収入で安定の生活を

レディー

利回りで選ぶマンション

集合住宅

利益の指標となる利回り

利回りを基準にして投資用マンションを選ぶのは利益を得やすい物件探しをするために役立ちます。何を基準として良いかで悩んだときには利回りを参考にしてできるだけ大きなものを選びましょう。投資用マンションではそれまでの実績などからおよその利益がどの程度になるかが試算されていて、それに基いて利回りが計算されています。単純に部屋の数が多くて一部屋あたりの家賃が高かったとしても、売買金額が高い場合には最初の投資額を取り返すことが困難になります。そのバランスを示しているのが利回りであり、大きな値を示している物件ほど投資したお金を取り戻し、利益につなげていくのが簡単になります。投資用マンション選びの指標として大切にしましょう。

利回りの種類

指標として利回りを活用するときには、利回りの中にも種類があることを知っておく必要があります。一般的に明示されている利回りは表面利回りと呼ばれる指標であり、投資用マンションを購入して得られると期待される年間の収入額を売買金額で割ったものです。この場合には投資用マンションを維持管理するための費用が考慮されていません。それを含めて考えた実質利回りを考えると、実際にどれだけの投資額を年間で取り戻せるかが明確になります。投資用マンションを選ぶときには表面利回りではなく、実質利回りを計算するようにしましょう。維持管理に費用がかかる投資用マンションを選んでしまうとそれだけ出費が大きくなるので注意が必要です。